Ripple(リップル)とは

Ripple(リップル)は暗号通貨の1つで、2012年にアメリカで誕生しました。
通貨単位は「XRP」で、これが正式名称です。
リップル
簡単に言えば、リップルとは現地通貨にとらわれない送金用の暗号通貨といった所でしょうか。
現在では、海外送金をする際にスイフト(SWIFT)が多く利用されていますが手数料の高さや送金スピードが遅いなどの点があげられます。
実際に海外送金では、数日から場合によっては一月近くかかる事案等も確認されています。
XRP(リップル)には2つ優れた点があります。
1.取引・処理速度が速い
2.手数料が安い
Ripple(リップル)の取引時間はビットコインが1時間以上なのに対して4秒とかなり短いです。
また、1秒あたりの処理速度・回数がビットコインだと3~6回ですがRipple(リップル)は1000回。

取り引き手数料も格段に安くなっています。

この、送金処理速度と手数料の安さから世界中の有名企業がどんどんXRPの採用を決めています。
まさに、次世代の送金システムと言えると思います。
リップル
私共もリップルの大きな飛躍を確信しております。
暗号通貨リップルは取引所等を利用して日本円に変えることができます。
  
詳しくはこちらから